1. ホーム
  2. DIY、工具
  3. 道具、工具
  4. 電動工具
  5. まとめ買いでお得!! 50枚セット ダイヤモンドカッター 7インチ 180mm セグメント 切断用 刃 替刃 150円OFF/1枚
品質満点 最新最全の まとめ買いでお得 50枚セット ダイヤモンドカッター 7インチ 180mm セグメント 切断用 刃 替刃 150円OFF 1枚 karwaan.community karwaan.community

まとめ買いでお得!! 50枚セット ダイヤモンドカッター 7インチ 180mm セグメント 切断用 刃 替刃 150円OFF/1枚

32692円

まとめ買いでお得!! 50枚セット ダイヤモンドカッター 7インチ 180mm セグメント 切断用 刃 替刃 150円OFF/1枚

工事・建築現場で使われているダイヤモンドカッター

【品番】
DWA-180-50

【用途】
コンクリート・石材・レンガ・ブロック・モルタル・ALC・タイル用

【仕様】
外径7インチ(180mm)ダイヤ厚2.4mm ダイヤ幅8mm 穴径25.4mm
付属リング22・20mm付き 乾式用


切れ味重視のセグメントタイプ

50枚セット
150円OFF/1枚

【送料無料】


『注意事項』

側圧をかけないで下さい。曲線切りは避けてください。安全カバーを使用してください。
使用中は必ず安全メガネ・防じんマスク・安全手袋を使用してください。作業環境によっては、耳栓・ヘルメットを着用してください。




まとめ買いでお得!! 50枚セット ダイヤモンドカッター 7インチ 180mm セグメント 切断用 刃 替刃 150円OFF/1枚

まとめ買いでお得!! 50枚セット ダイヤモンドカッター 5インチ 125mm セグメント 切断用 刃 替刃 150円OFF/1枚
まとめ買いでお得!! 50枚セット ダイヤモンドカッター 5インチ 125mm セグメント 切断用 刃 替刃 150円OFF/1枚

工事・建築現場で使われているダイヤモンドカッター

【品番】
DWA-125-50

【用途】
コンクリート・石材・レンガ・ブロック・モルタル・ALC・タイル用

【仕様】
外径5インチ(125mm)ダイヤ厚2mm ダイヤ幅8mm 穴径22mm
付属リング20mm付き 乾式用


切れ味重視のセグメントタイプ

50枚セット
150円OFF/1枚

【送料無料】


『注意事項』

側圧をかけないで下さい。曲線切りは避けてください。安全カバーを使用してください。
使用中は必ず安全メガネ・防じんマスク・安全手袋を使用してください。作業環境によっては、耳栓・ヘルメットを着用してください。




KTC 9.5SQ フレキシブルエクステンションバー BES21-200 [A010617] PIENSE 車用 収納バッグ 収納ボックス 汎用 トランク ラゲッジルーム 収納 グッズ ポケット 大容量 カー用品 後部座席用 ジーティー ST PIVOT ASSEMBLY (スタンダードピボット アッセンブリーキット) GT APE50(エイプ) ミッションブリーザーキット シルバー取り出し M20×10 P2.5 Φ9 KIJIMA(キジマ) ティーポット 900cc YAMACO リッチ 18-8ステンレス RC-10 日本製 業務用 中古車 BMW MINI ミニ TaoTech 防水バッグ ドライバッグ 防水 リュック ロールトップ 大容量 バッグ アウトドア 旅行 迷彩 男女兼用 25L 30L ( MKB16 子供用自転車 16インチ 補助輪付き 低床フレーム 送料無料 粋皿S-5 舞風ブルー 透明蓋付 50入 ◆お寿司5貫用の容器 スーパーカブC125 JA48 ボトルケースヘアライン(ステー付き) バイク ホンダ(Honda)発電機 エネポ EU9iGB ジャンデュボ ライヨール ブレッドナイフ カフェオレ Jean Dubost Laguiole 4562191974080 送料無料 日本衛材 メディファー 圧迫用ハイソックス 22〜24.5cm/ベージュ NE-724 (0-5076-04) テフロンスタッフブルゾン ブラック Sサイズ HONDA(ホンダ) 包丁 おすすめ プロ仕様 両刃 右利き 左利き 牛刀 刃渡り 21cm ダマスカス包丁 「XITUO公式」7CR17 ks20082406 正広 正広作 MV黒合板 洋出刃 出刃包丁 #14021 1本 バディーベルトうんち袋ケース ホットピンク プーパース POOPURSE BUDDYBELT BUDDYBELTS 犬 犬用 ペット ドッグ バディー 【雑誌付き】アエラ ニンジャZX-25R Z900RS Z900RSカフェ スタンドフックスライダー M8 AELLA Coollooda 白布指カバー 手湿疹 指サック 指先保護 通気性のある汗止め 使い捨て 作業用 200枚入り
Welcome to my blog

夫作のオリーブ




去年の今頃、裏山で黒くなって残っていたオリーブを摘んできて、
漬け方を検索し、きっと美味しくはできないだろうと、諦めていたのだけれど・・

1年後。 なんだか、とても美味しいオリーブが出来ていた ミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ

アンダルシアの小さなバルなんかで出る、地元の美味しいオリーブの味☆

すごく美味しい!!!

実は、夫が一人で漬けたオリーブなのです。

私は、どうもオリーブは、美味しく出来ない、という噂と経験から、
やる気が起きず、いっさい関与せずで、夫が一人でせっせと、やっていたのでした。

なので・・レシピは・・思い出せない・・ らしい。。○| ̄|_ ダヨネ・・

オリーブに関してはチャレンジャーな夫は、今年も裏山で放置されているオリーブを
せっせと摘んで、只今、ずいぶん長時間?アク抜き中・・

この適当さがいいのかも?! なんて (〃▽〃)




↑夫作のオリーブ


手順としては、
①塩水でアク抜きをする
②沸騰させた塩水+アク抜きしたオリーブ+好みのハーブ類などを入れて8ヶ月以上寝かせる。

ハーブは裏山のタイム・ローズマリー・サルビアと、義叔父のローレル。
それにニンニクやレモンやオリーブオイルやパプリカパウダーを組み合わせます。

漬けている間は、たまに様子をみて、上澄が汚れていたら取り除いたりしていました。

あまり気の長くない夫が、こつこつやっていたのは、オリーブが大好きだから♡
その執念?いや、愛情♡で、こんなに美味しいオリーブになったのかなぁぁ (o‘∀‘o)*:◦♪

メデタシメデタシ (* ´ ▽ ` *)


私も今年は自己流で漬けているので・・来年、美味しく出来たらいいなぁぁ

(自分のためのメモ)
①塩水でアク抜きをする(500mlに対し大さじ1弱の塩で2週間3日毎に水を取り替える)
②塩分濃度10%(500mlに対し50g)を沸騰させ冷ました水+アク抜きしたオリーブ+ハーブ類
 

週末アロス 




今朝(日曜)の8時は氷点下3度だったクエンカ・・最高気温は午後の3•4時ごろに10度。。
そしてすぐに気温が下がり始める。。

と、いうと、日本の友人達が、スペインて寒いんだーと意外に思うらしいのですが
スペインは、実は寒いんです。

なので・・寒い時期、寒い土地で食べる温かい料理がとても充実していたりもするのです。

我が家では冬は、汁気の多い米料理をよく食べます。
山間では、冬は汁気の多い料理、というのが決まり。

これは、アロス コン ポジョ(レシピ→

鶏肉と野菜たっぷりの米料理。
これにレモンをぎゅっと絞って 🍋

鶏の代わりにうさぎを入れたり、山で採れたキノコを入れたり、、と
アレンジ可能。

もうすっかり 冬になってしまった クエンカです。

⚽️2点差をロストタイムで同点にされたアトレティコ・・○| ̄|_

今日の試合もそうだけれど、スペインではサッカー観戦だけでなく
1,5mの距離を取れない場合はマスク着用が義務なのです。

先日メルケル首相がスペインに来た時に、スペイン人がマスクをしていることに
ひどく驚いたらしい。。  

そうなんです、欧州の他国(大国)に比べると、スペイン人はマスクをちゃんとしています。

日本では、欧米ではマスクをしていないという報道が流れているようで
スペインもしてないんでしょ? という 友人からの質問があるのですが
そんなことはないのです。

また感染が広がっているヨーロッパ。
スペインは引き続きマスクをして、クリスマスシーズンを乗り越えたいところです。



ミニカナペいろいろ




寒くて 外に出たくない。 ヽ(゚д゚;)/サムッ

そんな週末は・・ 美味しいアペリティボを。。 ♡

クリームチーズ + サーモンのマリネ
クリームチーズ + カルネ デ メンブリージョ(→


今日はクリスマスツリーを出しました 🎄

冬時間になり、暗くなるのが早くなったので
灯りがわりにツリーを出すことにしているのです。





今日も夕焼けが綺麗でした。

良い日曜日を♪



愛の証と胡桃




胡桃を買ってきました。

我が家にある ハート♡型の胡桃を開ける道具。





これは 義祖父の手作りで、義祖母に贈ったもの。
(いつも出てくる義祖母ではないもう一人の義祖母)

彼は手先が器用で、綺麗なものを作るのが好きだったと言う。

彼の手作りの作品は至る所に残っていて、我が家にあるのは・・

家の壁紙の余りを使った綺麗な箱や古い家族の写真の入った手作りの額縁。
家具の一部を使って作った植木置き。
クリスマスのデコレーションに使っている、金と銀の絵の具を塗った大きな松ぼっくり。。

今も家族の日常にちょくちょくひょっこり顔を出す 彼の家族への愛・・ .゚+.(・∀・)゚+.

EN PRUEBA DE MUCHO AMOR  愛の証として ♡


良い週末を♡




キノコご飯とつみれ汁




今朝の7時の気温は氷点下2度・・ 
もう氷点下の季節になってしまった。。

こんな日は温かい和食を。

この前採って冷凍しておいたキノコと、
スーパーで買った平茸の2種類のキノコを入れたキノコご飯☆

炊き込み御飯はお焦げができるのが嬉しい。





そしてこちらも冷凍しておいた鯵のツミレに、キノコと大根を加えてつみれ汁に。
日本のポテサラとブロッコリーにはすりゴマとビネガーをかけて。

やっぱり 和食はいいなぁぁ 

こんな感じで昼はだいたい和食。
生魚を買った日は刺身などにして、あとは処理して冷凍庫へ。

昨日はサーモンを半匹(1,2kg)買ってきました♪
輪切りというかスライスにしてもらい、冷凍。
冷凍庫はギューギューだけれど、これで安心。 ヾ(o´∀`o)ノ


⚽️昨日はCLで、アトレティコはリバプールにコテンパンにやられてしまいました。(T_T)
残り2試合を勝たなくてはいけないという、毎度ながら、ほぼ不可能な険しい道のり・・_(:□ 」∠)_

でも、昨日は、イギリスに住む友人(もちろんアトレティコ大ファン)が、
リバプールに試合を観戦に行ったので、
200人いたというアトレティコファンがTVに映し出されるたびに、彼を探していたら
彼らしき人が一瞬映ったのです。。 (;゜0゜)/アレソウジャナイ??!

やっぱり彼だったらしく、誰かが撮った写真が送られてきました♪♪
試合は負けたけれど、彼がTVに映ったし、幸せそうだったからいいか。な。 .゚+.(・∀・)゚+.


+ + + + + + + + + + + + + + + +

Monoprixのエコバッグ




先日、義弟から「今パリにいるんだけど、おすすめの場所教えて」というメッセージが届いた。

パリかぁぁ いいなぁぁ あー 行きたい。

彼の好きそうなところを教え、ねーねー 買えたら買ってきてーと
Monoprix(スーパー)のエコバックをねだってみた。 

すると・・ 忘れずに買ってきてくれた!!! (((o(*゚▽゚*)o)))

嬉しい♪ あー やっぱり オシャレ・・☆





以前は本体を収納する袋が別だったから失くしてしまうことも多かったのに
収納する袋が一体型になってる!  もう4年も行ってないからな・・進化するよね。。

あー そろそろ 旅行したいなぁぁ 
パリ。 行きたいなー

義弟の次の渡航先はベルリンならしい。
ベルリンは、どのエリアに宿をとるべき? 何をみるべき? 
と メッセージが届く。

あー もー 刺激しないで〜〜 ヽ(*>□<*)ノ



クエンカの黄葉




もう散ってしまったかな・・と 思ったけれど 間に合った・・フカル川の黄葉

4日間ほど雨が降り続けたので いつもはエメラルドグリーンのフカル川も
茶色く濁り、そして流れがとても早くなっていた。








黄色というよりも 黄金色





ポツンポツンと 紅葉しているのも見える








大きな黒い鳥が水辺を飛んでいった。。
あれは きっと ブイトレ(ハゲワシ)。
獲物を見つけて急降下して飛び去ったのかな。

今日はとても寒かった。 明日からもっと寒くなるらしい。

晩秋のクエンカ。 冬はもうすぐ。



ミガスルレラス




美味しいパン・ソバド(気泡がなくぎっしり詰まったパン)を義叔母に買っておいてもらって
それを冷凍し、やっと作ることができたミガス・ルレラス(レシピ→

材料はパン、ニンニク、ハモン、パプリカ、オリーブオイルだけなのだけれど
水に浸して絞ったパンを炒り続けるという時間のかかる料理。

でも体調不良だったため・・代打・・夫に作ってもらいました♪

上手上手! とても美味しくできました☆





ついでに、週末恒例のパン作りも♪(夫作のパン↑)

これを機に、パン作りは夫に移管することを密かに企て中。。(´∀`σ)σ

手伝ってもらえると楽なのもあるけれど、色々できるようになってもらいたいのと、
そして、夫作のパンの方が私のよりも美味しいんです♪

やっぱり、力があるからかなぁ 
手捏ねではなく、しゃもじを使って手で生地を伸ばすのだけれど
手首を使うから、やっぱり、男の人の方がむいてるのかな〜
こんなフワフワにはならないよぉぉぉ センスや才能があるんじゃないのぉぉ(。>ω<。)ノ

なんて、移管作戦実行中なのでした・・ (」*´∇`)」


カルネ・デ・メンブリージョ




義叔父の家から摘んで帰ったメンブリージョ(花梨・マルメロ)。
家中がメンブリージョの良い香りが漂っているのだけれど・・
早くやらなくては、やらなくては、と 思っていたら
先週末からまたヘルペスが出てしまい寝込んでいました・・・


でも、無事に復活☆  早速、メンブリージョに取り掛かりました♪





スペインでは、今日11月1日は全聖人の日=死者の日で、
死者が戻ってくる日なのです。

もちろん、真っ先に思い出すのは義祖母のこと。
戻ってくるかな?戻ってきてるよね、絶対。 と つい思ってしまうのです。

だって、今日も、このカルネ・デ・メンブリージョに取り掛かろうと台所に立ち、
最近接触が悪くてつかなくなってしまった電気コンロを試しにつけてみると・・
・・・火がついた・・v(o゚∀゚o)v

これは絶対に義祖母の仕業に違いない! 頑張って作れということかしら?!
と 慌てて火にかけ茹で始めたのです♪

偶然でも嬉しい。(((o(*゚▽゚*)o))) 

この話を電話で義妹にしたら、彼女が、「うちにも来たよ」と。o(^▽^)o


チャージャー SXT 社外マフラー ブルートゥース


義祖母から教わったカルネ・デ・メンブリージョ。(レシピ→

彼女が作らなくなってからは私が作ったものをバッグに詰めて、
皆に嬉しそうに配っていた彼女。 .゚+.(・∀・)゚+.

今年もみんなに配るから安心してね。



義叔母のサーモンのマリネ




続・義叔母の教えたい料理その2は、サーモンのマリネ。

私に教えるために、大きなサーモンを半匹買っておいてくれました。。(((o(*゚▽゚*)o)))

+ + + + + +

材料:サーモン半身になったもの(骨なし)、マリネ用の塩、砂糖、燻製塩、サラダオイル
手順:①サーモンを48時間冷凍する(アニサキス対策)
   ②①を解凍しておく
   ③タッパーにマリネ用の塩を敷き詰め、サーモンを入れ、上からマリネ用の塩をかける
   ④砂糖を少々かける
   ⑤燻製塩を少しかける
   ⑥サーモン全体に塩がかぶるようにし、冷蔵庫で1週間保存する
   ⑦1週間後、サーモンを取り出し水洗いし、しっかり水気をふきとり、
    皮を剥ぎ、薄くスライスする
   ⑧保存容器にスライスしたサーモンを入れ、サラダオイル(オリーブオイルではなく)
    をサーモンが隠れるまでそそぎ、冷蔵保存にする。

+ + + + + +

上の写真は完成品。1週間(7日)後、スライスしてオイル漬けにしたもの。

サーモンの厚みによって塩漬けする日数を調整します。
今回は、少し塩味が強かったので30分塩抜きしたので、次回は6日間にしてみようかな。




タッパーにマリネ用の塩を敷き詰める



サーモンを入れる



サーモンにマリネ用の塩をかける



砂糖を少し。 ↑小さじ2杯ぐらい



燻製塩を少し。 ↑大さじ2杯ぐらい

分量は、目分量&慣れ、なので、何回か試しながら好みの味を見つけましょう。by義叔母

これが半身で、残りの半身をこの上にのせ、同じ作業を行い冷蔵庫で1週間。
(この状態で義叔母が持たせてくれて、作業は私にバトンタッチ)




↑1週間後の状態。

塩を洗い落としキッチンペーパーでしっかり水分を拭き取り、
少し切って味見をして、塩加減が強いようなら、1時間ほど水に入れて塩抜き、
弱いようならまたタッパーに戻してあと1日、というように塩加減を調整します。





今回は少し塩味が強かったので、水に30分漬けて塩抜き。(↑水が入っている)
30分後塩味がちょうどよくなったので、(まだきつい場合はあと30分)
キッチンペーパーでよく拭いて・・皮を剥いで・・





刺身包丁で薄くスライスして、





サーモンが隠れるようにサラダオイルを入れて冷蔵保存。

オイルはオリーブオイルだとオリーブの味がしてしまうので、サラダオイル、
スペインだと向日葵のオイルがオススメ。

いつかこのサーモンで恩返しができるといいなぁ・・(o‘∀‘o)*:◦♪



義叔母の鱈の顎肉のピルピル




「次回は泊まりでね。
教えたい料理が沢山あるから。絶対次回は泊まりで来てね。」

と、義叔母と約束していたのだけれど、なかなか実現できず・・
急遽、「週末どう?」と連絡が来て、「絶対に泊まり」ということでお邪魔したのでした。

義叔母の教えたい料理その1は、ピルピル。

鱈のピルピルを教えたかったのだけれど、急だったので
塩鱈を48時間水で塩抜きする時間がなく、鱈の顎肉を買ってきてくれていました。

ピルピルは、バスク地方の郷土料理で、
塩鱈や鱈の顎肉などからでる水分とオイルを乳化させソースにする料理。

上が顎肉のピルピル、下がピキージョ。
叔母はこの組み合わせがオススメならしい。(^-^)/





鱈の顎肉。しっかり水分を拭き取る。
塩鱈の場合は、5cm角ぐらいにカット、皮を下にして並べる

+ + + + +

材料:鱈の顎肉、オリーブオイル、ニンニク、唐辛子
手順:①カスエラ(土鍋)にオイルを入れ、スライスしたニンニクと、唐辛子を入れ
    弱火にかける
   ②しっかり水分をふきとった(←これが重要)顎肉を①に並べる
   ③マメにカスエラを横にゆすりつづけ、乳化して、ソースになったら出来上がり

+ + + + +





オリーブオイルの量は、義叔母は少なめ↑ですが、この倍量ぐらいが通常。





少しすると顎肉から水分が出てくる。





鍋をゆすり、休み、またゆすり、休み、を繰り返して乳化させる








うまくと乳化し薄い黄色のソースになったら出来上がり♪
失敗すると、分離してしまう。

カスエラ(土鍋)ではなく、鍋やフライパンでもできます。





これが、、、絶品なんです☆☆
このソースが、オリーブオイルなのだけれど、鱈のエキスがたっぷり入っていて、
もう とにかく美味しい。 (*≧∪≦)

油っぽい・・とか、ヘルシーでない・・とかは、明日考えましょう、という感じになる。♪(/・ω・)/ ♪

美味しいものは美味しく食べる。
これができるのは幸せなこと。

付け合わせのピキージョ(三角の赤ピーマンのロースト)は、
瓶詰めなのだけれど、そのままではなく、義叔母は、シェリー酒で煮詰めるのが
オススメだと言うことで、これがまた美味しい!!!!

あとは、ご近所さんからの差し入れの小さなポテトを強めに塩茹でし、
ザルに取った後、鍋に戻してさらに水分を飛ばし、
それを義叔母がカナリア諸島で教わったサルサ(ソース)につけて食べました。

塩鱈を買って、今度は鱈のピリピリに挑戦しよっと。(」*´∇`)」



Alberto Corazón展




旧市街にあるCasa ZavalaでやっているAlberto Corazón展。
«Alberto Corazón. El cazador furtivo»

アルベルト・コラソンはマドリッド生まれの、ロゴデザイナー
今年の2月に亡くなったばかり。。

スペイン在住者なら誰でも知っている
PARADOR、ONCE、 RENFE、 MAPFRE、などのロゴは全て彼の代表的な作品。





今回の特別展は彼のロゴ以外の作品が展示されています。

まず1階(日本で言う2階)は、アルミや銅板や青銅などに描かれた作品群。





「マティスを思い出して」

抽象的だけれど グッと引き寄せられる彼の作品群にすっかり釘付けに。。





青銅





2階(日本で言う3階)はキャンパス・紙に描いた作品群





TANAX タナックス MFK-206 デジバッグプラス/ホルスター ブラック MFK206 (2371797)

「アレッポ」 という表題の作品。 
アレッポはシリアの都市で、テロで大破された町。





イタリア人画家カラバッジョの作品「果物籠」 は
アルベルト・コラソンが描くとこうなる。





素人なのでよくわからないけれど、

彼の絵には必ず直線が描かれている。

そして左下の小さな絵はなんだんだろう。 あー 説明が欲しい。











「芸術家のテーブル」

一番気に入った作品。 こういう風に描いてみたい。なんて。





「画家のテーブル」 


全60作品のうち45作品は初公開作品ということで
彼の特別な作品展だそうです。

この特別展は12月15日まで。

もう一度絶対に観に行こうっと。

Casa Zavala «Alberto Corazón. El cazador furtivo»(無料)
Pl. San Nicolás, 1, 16001 Cuenca



旧市街マヨール広場




旧市街のマヨール広場にあるこのアーチのある建物は市役所。
市役所機能はここだけでは収まりきらないので、新市街にも分散しているのだけれど
初めて、この建物で用事を済ませることに。。

中に入るとこれが市役所か?!というような素敵な階段があったけれど
それ以外は、リフォームされてしまっていて、ザ・市役所 な 感じ。。





用事を済ませて、ある美術館へ行こうと思ったのだけれど
カテドラルからパイプオルガンの音色が聞こえたので入ってみることに・・





そういえば、パイプオルガンのコンサートが毎週だったかやっていると
聞いたかも。。

でもこの時は、練習中で、先生らしき人が教えていました。
でも、パイプオルガンの演奏を少し聞けたのは ラッキーだった☆











入場料をとるようになってから(地元民は無料)、
カテドラル所有の「宝」を展示や公開するようになったので
見たことのないものが飾ってあったりするので、時間がある時は、覗くようにしているのです。

これもパイプオルガンだよね・・綺麗〜.゚+.(・∀・)゚+.





普段鍵がかけられて、鉄格子超えでしか見れないものが
鍵があけられて公開されていたり





とても綺麗・・

日本語の音声ガイドを借りることができるのだけれど
面倒なので借りたことがなく・・ でも 次は借りてみようっと





いつもよりも公開している部分が多かったような気が・・

あと、以前はなかったのですが、別料金で、カテドラルの上の階に登ることができるのです。
内側は、登ったことがあるのですが、外側にも出られるみたいで、
これもいつか登ってみたいな。


バレンシアの義叔母のパエージャ




バレンシアから来た義叔母&親戚合作のパエージャ・バレンシアナ(バレンシア風パエージャ)。

作るところをじっくり見ていたかったのだけれど
一番下っ端?なので、キッチンと裏庭を行ったり来たり・・
テラスのテーブルセットもしながらで、なぜか一人で汗だく・・(//>ω<);





今回、バレンシアの義叔母に1人分の分量を教えてもらいました。

(1人分の材料):野菜2掴分、トマトとニンニクの微塵切り、肉3片、米100cc、水300cc +蒸発分、
        オリーブオイル(エスプレッソカップの3分の1杯分)塩、パプリカ粉、サフラン、

野菜は、モロッコインゲン、花豆のような大きめの白いインゲン豆、ピーマン・パプリカ
あればアーティチョークや、カリフラワーを入れても。
そしてそれとは別に、トマトの微塵切りと、ニンニクの微塵切りを用意。

肉は鶏肉や兎肉

(手順):①オイルを熱し肉をしっかり炒める
     ②炒めた肉を周りに避け、野菜を入れてよく炒める
     ③野菜が炒まったら、トマトとニンニクの微塵切りを加えさっと炒める
     ④パプリカ粉(甘口)を加えさらに炒める
     ⑤水を加えサフラン、塩を加える
     ⑥強火で10分、中火にして更に10分、合計20分火にかけ、火を止めたら
      5分ほどそのまま放置してからサーブする





水を入れたら強火で10分





様子を見ながら中火に。水が多いようなら火を強める





水気がなくなってきたら、手のひらを鍋の中央に10秒ほどかざして、
手のひらにパエージャの匂いがついたら、おこげが出来始めた合図☆

火を止めて、あとは余熱でおこげを作りつつ、炊き上げる。

この、手のひらをかざすのは、この日初めて教えてもらったのです。o(^▽^)o

手をかざしてみると、最初は匂いがつかないのに、少しすると、しっかり匂いがついて、
これが合図なんだ!と。

因みに、この日は15人分(15皿分)。
米1,5kg、水4,5L +1L強(蒸発分)

と、書いた通りにやっても、やっぱり、経験がものをいうんですよね。。
匂いとか、音とか、火加減もそうだし、塩加減もそうだし。


バレンシアの義叔母は、子供が5人、そのパートナー達、その子供達13人(孫達)
その孫の結婚相手と子供1人(ひ孫)の大家族。\(^o^)/

「今日は何人??」というのが、彼女の料理を始める一番初めの掛け声なんだとか。
この日も、今日は何人? と 指を折って数えていました。.゚+.(・∀・)゚+.

幸せいっぱいのパエージャ。 
私もいつか作れるようになりたいな・・

余ったパエージャはテイクアウトさせてもらいました・・(」*´∇`)」


Casa de Campo




週末は義叔父の家で過ごしました。

義叔父夫婦は夏から秋の今頃にかけて、casa de campo(直訳だと田舎の家)で
過ごすので、いつもメンブリージョ(花梨)の時期にお邪魔するのが恒例行事。。





なぜか私が担当者になってしまったカルネ・デ・メンブリージョ係。
義祖母から義叔母へ。 そして義叔母も、もう作らないので、私に・・





今年はあまり実がならなかったと言うけれど、去年よりも実が大きい・・

義叔父達は今週、この家を引き上げるので、全部収穫して欲しいというので
梯子に登って、、それでも届かないところは傘の柄を利用して、全部収穫。

庭の手入れや、オリーブの木もあるので、オリーブも少し収穫したり、と
庭仕事を色々と手伝ったり。。





そして、ランチには、義祖母の実家のあるバレンシアの町から、親戚たちが訪ねてきて
本場のパエージャ作りのレクチャーを受けたのでした。。o(^▽^)o

久々に会うことのできた親戚たち・・特に、88歳の義叔母に会えたのは嬉しかった・・
そして、また彼女のパエージャを食べられるとは思っていなかったので、
本当に本当に嬉しかった。。(元気な彼女が健在で)

このパエージャは15人分。





なぜか私の分は大盛り。ヽ(≧∀≦)ノ

忙しなかったけれど・・やっぱり家族が集まるのはいいなぁぁ
家族が集まると、いない家族のことが恋しくなる、、けれど・・

私がいなくなってもバレンシアの親戚と繋がっていて欲しい。
と、いつも言っていた義祖母。
きっと、彼女も喜んでいるはず。(* ´ ▽ ` *)

毎年年に2・3回、私達と一緒に実家へ帰っていた義祖母。
家族達とバレンシア語を話して幸せそうだった彼女。

この日も、親戚たちが話すバレンシア語と、バレンシア訛りのスペイン語を
聴きながら、彼女のことを思い出し、皆で彼女の思い出話で盛り上がったのでした。

(o‘∀‘o)*:◦♪



ロンガニサ・サルチッチャ・生ソーセージ




先月海辺の町の肉屋で買って冷凍しておいた生ソーセージ類。
少しずつ食べています。

スペイン語では、ロンガニサやサルチッチャと呼ばれ、
大抵はブランコ(白)ですが、ここはパプリカパウダー入りの赤もあって、
でもチョリソとは違って、あくまでソーセージ。

店では欲しい分量を言うと、大体そのぐらいのものを選んで測ってくれます。

ここのものは、アニス入りで好きなのです。
そして、1本1本に分割されていないタイプなので・・・





家に帰ってから、自分でくるくるっと回してクビレ?を作り
小分けして冷凍しています。





ロンガニサはただ焼くだけでも美味しいけれど、
炒めた玉葱と白ワイン蒸しにしても美味しいです。(レシピ→

バルでもこんな感じで、1本から食べることができます。

あとは、空豆や・・無花果や・・葡萄などと 季節ごとに組み合わせて食べるのも美味しいし、
(レシピはカテゴリーの「肉料理」にあります)
やっぱり欠かせないのは、バレンシアのオーブンで焼く米料理の時。

肉の美味しいスペイン。 ロンガニサも美味しいのでおすすめでーす♪



秋の赤い実




バラの実、珊瑚樹、そして名前がわからない赤い実。





この赤い実は触るとポロンと落ちてしまう。





ちょっとくすんだ赤。
日本でもよく見かけるような。。
春には小さな白い花を咲かせていたみたい。 来年チェックしよう。

多分、珊瑚樹という植物だと思うのだけれど、
「珊瑚樹・さんごじゅ」という 名前に惹かれます。。.゚+.(・∀・)゚+.



フカル川の黄葉




最近朝晩は4℃ぐらいで、日中は少しずつ気温が上がり、
午後の3〜5時頃は20℃をちょっと超える。

だから紅葉が始まったかな?と思っていたら、やっぱり少し始まっていた。

クエンカの紅葉は、黄葉。 





昨日の続きで・・ フカル川沿いの散歩コースを歩きました。





すると何かが目の前を通り過ぎた・・  リスだ! 🐿





たまに見かける 紅葉した葉や、赤い実。





この日はボカディージョ(バゲッドサンド)を持参していたので
早めのランチを。


starm(スターエム) 皿取錐amp;埋木錐セット(普通鋼 S55Cメッキ仕上げ) 4x12x12mm 58S-S4120


緑色のフカル川を眺めながら・・





ちょっと入ったところにベンチやテーブルがあったりするのです





あと、川沿いには釣り人用の椅子もあるので、
このベンチに座ってランチするのも好き。





細い道をテクテク歩く








もっと黄色くなるのは来週以降かな〜

スペインは、どの季節が一番おすすめ? と 聞かれると
私は、「秋」だと 答えます。

冬は寒いし。夏は暑いし。春は日本の春よりも寒いし、雨が多いから。

秋は、特に10月は、まだ寒すぎず、でも、もちろん暑くはなく、
本当は雨季なのだけれども、最近は雨もそんなに降らない。

キノコの美味しい季節でもあるし 🍄

なにより、行楽日和。 





古い切り株に、シメジのようなキノコが生えていた。。

雨が全く降らないので、きのこ狩りはずっと延期になっています。。(;д;)



Sendero del Agua Encantada del Jucár




先日、寒くなる前に歩いておこうかとでかけたのは
クエンカの旧市街の袂を流れるフカル川沿いの散歩コース。

と言っても、谷間を流れるフカル川を眺めながら、岩肌を歩くというコース。

川沿いから登っていくコースなのだけれど、途中で通過する城塞跡から合流することも可能。

↑少し見えるのが城塞跡。城塞後からフカル川に降りる階段を下ると道に出ます。





きっとこの道は下の川沿いの散歩コースにつながっているはず。
と 信じて歩き出す。





侵食した岩の下を歩く。
ここまで水があったんだ。。





大きな岩を見て、今日、今、岩が落ちてきたらどうしようと心配する夫。。





矢印が城塞跡。 赤い線が歩いてきた道。





谷の川沿いは少し黄葉が始まっていた。

奥には新市街、左上は旧市街。






岩を見てばかりいると谷に落ちそうになるので要注意。(=゚ω゚)ノ


/>


大きな岩と岩の隙間をくぐったりしながらコースは続く。





フカル川と遊歩道。
あの道に合流するはず。





もっといけそうだったけれど、階段があったので、下ることに。





ああ やっぱりこの道に合流したんだ。

このコース 良い☆ (*´∀`人 ♪ 
今まで色々なコースを歩いたけれど、このコースが一番迫力がある!





スタート地点の川沿いにあるレストランの駐車場(青矢印)から
地図上のピンクのラインを歩いて終点(階段の下:黄色矢印)まで2kmほどのコース。
赤矢印は旧市街の上の方にある城塞跡。
 
最初上りが急なのでちょっとキツいけれどあとは平坦(岩だけれど)なので
景色を見ながら歩けるのがいい。

このコースから枝分かれしている道もあるので、突然ランナーが出てきたり、
私たちが歩いている間に同じ人に2回すれ違ったりもしました。。(上り+下り)x2回??

強靭でアクティブなクエンカっ子達には 朝飯前なんだな、こんなコース。。゚(゚^∀^゚)σ。゚

このあとは、何度も歩いたことのある、川沿いの散歩道を歩く・・   続く・・

参考:駐車場から城塞跡まではこちら→



鮪の山かけ丼




こちらもアリカンテで買った山芋。
山芋は日持ちするので、だらだら?楽しめて嬉しい (* ´ ▽ ` *)

トロロご飯も好きだけれど、やっぱり鮪の山かけが良いなぁ
美味しいなぁぁぁ

幸せだなぁぁ (o‘∀‘o)*:◦♪

今度はもっと山芋買ってこよっと。
でも、いざ行くと、軽いパニック状態(興奮して)になってしまって
判断力と決断力が鈍ってしまい、こんなに買ってもな。。とか、
何故か思ってしまったりして・・ そんなこと思う必要ないのに・・

で、いつも、少なめになってしまうのです。(´∀`*;)ゞ

もっと、どかーんと、いいのいいの、大丈夫大丈夫買っちゃ買っちゃえー
と 太っ腹に豪快に買い物をしたい。 次はそれを目指してがんばろー ヽ( ̄^ ̄)ゞ



KARWAAN.COMMUNITY RSS